ライフスタイル

「十八番」ってなんで「おはこ」って読むの?由来とか調べてみた

十八番

先日、神戸に吉本新喜劇の公演があったんで、見に行ったんですよ。

新喜劇の前に、いろんな芸人さんの漫才やネタが披露されてて、そこでミキさんも出演してたんですよ。

で、ミキさんのネタの中に、「「十八番」って書いてなんで「おはこ」って読むんだよ?!」ってネタがあったんですよ。

 

私はそれを見て、笑いながらも「そういえばなんで「十八番」って「おはこ」って読むんだろうなぁ」って思ったんですね。

 

物心ついた時から「十八番」と書いて「おはこ」って読むことになっていたんで、大人になった今、改めて由来を調べてみました。

この記事で解説してること
  • 「十八番」の意味
  • 「十八番」を「おはこ」って読むようになった由来
  • その他「1番得意な事」を「十八番」って言うようになった由来

 

「十八番」の意味って何?

歌

まぁまずは「十八番」の意味を振り返りましょう。

「十八番」ってのは、1番の特技のことを指します。

 

「カラオケの十八番」っていう言葉、聞いたことありませんか?

あれは、「その人が1番得意な歌」のことを指すんですよ。

私の場合だと…うーん…悪ノPさんの「円尾坂の仕立て屋」とかですかね。

卯月みそか
卯月みそか
ちなみに、歌だけやなくて、芸や技でも1番得意なものを「十八番」って言うこともあるんやで

 

「十八番=おはこ」の由来

歌舞伎

「十八番」を「おはこ」と読むようになった由来としては、2つの説が挙げられます。

それぞれ解説していきますね。

歌舞伎が由来だよ説

1番よく言われてるのが、歌舞伎を由来にしたものです。

 

江戸時代の歌舞伎役者に、七代目・市川團十郎(だんじゅうろう)という人がいました。

この七代目團十郎が、初代・二代目・四代目團十郎の得意としていた演目18種類を選んで、市川家の芸にしたんです。

この時に選ばれた18種類の演目は、「歌舞伎狂言組十八番」…略して「歌舞伎十八番」と呼ばれることになりました。

 

ちなみに、「歌舞伎十八番」に選ばれた演目は、以下の通り。

  1. 外郎売(ういろううり)
  2. 嫐(うわなり)
  3. 押戻(おしもどし)
  4. 景清(かげきよ)
  5. 鎌髭(かまひげ)
  6. 関羽(かんう)
  7. 勧進帳(かんじんちょう)
  8. 解脱(げだつ)
  9. 毛抜(けぬき)
  10. 暫(しばらく)
  11. 蛇柳(じゃやなぎ)
  12. 助六(すけろく)
  13. 象引(ぞうひき)
  14. 七つ面
  15. 鳴神(なるかみ)
  16. 不動
  17. 不破(ふわ)
  18. 矢の根

 

そんでもって、この「歌舞伎十八番」は市川家のお家芸なので、箱に入れて大切にしながら受け継がれていったことから「十八番=おはこ」という説があるんですよ。

 

本物のお墨付きが由来だよ説

これは「十八番」の読み方が「おはこ」になった由来かなと思ってます。

 

芸術作品には、偽物が出てくることもありますよね。

江戸時代、高価な書道作品や茶器などを、箱に丁寧に入れて「これは本物ですよ」って感じに鑑定者の署名が添えられていたことがありました。

これを「箱書き」って言うんですけど、このことから「本物の芸だと認められた」という意味で「おはこ」という言葉が生まれたという説です。

 

たぶん、この説と最初に述べた「歌舞伎説」の中にある「台本を箱に入れて大切にしていた」ということが合わさって、「十八番=おはこ」となったのかもしれませんね。

 

まだあるよ「十八番」の由来

阿弥陀

先ほどの2つは「十八番」を「おはこ」と読む由来でしたが、「1番得意なこと」を「十八番」と言う由来はあと2つあるんですよ。

それぞれ解説していきますね。

仏教が由来だよ説

次の紹介するのは、仏教からきた説。

仏教の仏さまの1つに、阿弥陀(あみだ)如来という仏さまがいます。

「南無阿弥陀仏」のお経でおなじみの仏さまですね。

 

この阿弥陀如来、修行していた時代に48個もの約束をしていました。

かみ砕いて言うと「宣誓!私は仏になるために、こういう誓いをします!」って感じですね。

これを、仏教用語で「四十八願(しちゅうはちがん)」って言うんですよ。

 

んで、その48個の約束の中で18番目の約束が、「十八番」の由来になったと言われています。

 

どんな内容なのかを噛み砕いたら、以下の通りになります。

私が仏になるからには、どんな人でも心から私の誓いを信じ、私の国土(極楽浄土)に往生しようと願って、わずかとはいえ10回も念仏を唱えたのに、往生しないということがあったら、私は仏になりません。

でも、無間地獄に落ちるような罪人と、仏法を悪くいう人は除くよ。

要は、「よほどの悪人は除くけど、私の誓いを信じて、念仏を唱えてくれる人みんな救うよ!って約束ですね。

 

阿弥陀如来以外の仏さまも、いくつか誓いを立ててはいます。

でも阿弥陀如来の18番目の願いが、他の仏さまの約束に比べて優れていることから「1番優れている=1番得意なこと=十八番」というようになったという説が生まれたわけです。

 

武芸が由来だよ説

今度は武士からきた由来ですね。

武士が嗜む武芸の種類は、全部で18種類ありました。

このことを、「武芸十八般」というんですよ。

 

ただ、この場合は「1番得意なこと」というよりも「多才である」という意味合いが強くなります。

個人的には、「十八番」本来の意味を考えると、ちょっと「武芸十八般」は違うような気がしますが…;

 

まとめ

「1番の得意技」を指す言葉「十八番」

ざっくりと由来を振り返ると、以下の通りになります。

  • 得意演目をまとめた「歌舞伎十八番」を箱に入れて大切にしてた説
  • 真作を証明する「箱書き」説
  • 阿弥陀如来の四十八願の18番目の約束説
  • 武芸十八般説

この中でも、「歌舞伎十八番」と「箱書き」に、「十八番」を「おはこ」と読むことになったヒントがありましたね。

 

特に歌舞伎は江戸時代じゃ大衆に親しまれた娯楽だったので、一般の人たちにも「1番の得意なもの=十八番」というのが定着していったんだと思います。

それと同時に、「十八番」を「おはこ」と読むのが定着していったのではないでしょうか?

言葉って奥が深いですね。

 

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

ABOUT ME
卯月みそか
卯月みそか
文化と自然が好きなはみだし者。 真面目な文化からサブカルまで、興味のあることを掘り下げるのが好きです。
こちらの記事もオススメ!