映画

テーマに沿って語る映画まとめ

映画まとめ

ちょっと前にツイッターで「#いいねでテーマに沿った好きな映画を答える」というのがトレンドに上がってたのを見かけた。

9つの映画をいいねの数によって答えるというものだったのだが、映画によっていろいろと語りたいところもあるし、せっかくなのでブログにまとめることにした。

卯月みそか
卯月みそか
なるべくネタバレは控えるようにしてるけど、もしもネタバレがあったらすみません;

 

好きな恋愛映画:ローマの休日(1953年)

ローマの休日

オードリーが可愛い。

お城を抜け出したある国のお姫様と、スクープを狙う新聞記者の出会いと別れの恋物語。

王道でよくある話だけど、やっぱり名作と言われるだけの面白さはある。

 

当時無名だったオードリー・ヘップバーンの初の主演作品で、初々しい中にもお姫様の気品が漂っている。

個人的には、オードリーでないとあんなに魅力のあるお姫様はできなかったんじゃないかなぁと思う。

卯月みそか
卯月みそか
お姫様役の候補にはエリザベス・テイラーやジーン・シモンズもおったんやけどね

でも「アメリカナイズされていない、王女らしさのある女性」っていう監督の理想にピッタリやったんが、オードリーやったんやで

 

そして相手役のグレゴリー・ペックがイケオジ。

あれでおじ様の魅力が分かった。

今の人たちにとっては「白黒映画って古い映画でしょ?面白いの?」って思えるかもしれないけど、若い人たちにも魅力的に思える映画だと思う。

 

テンションが上がる映画:ヘアスプレー(2007年)

ヘアスプレー

爽快感あるミュージカルコメディ。

テーマとしては、「人種や見た目の差別」という重いものがあるけど、爽やかに笑いながら楽しんで見れる映画。

 

ヒロインのトレイシーは、ビッグサイズながらも歌って踊るのが大好きな明るい女の子。

60年代当時差別されていた黒人とも仲良しになり、1つの番組を舞台に様々な奇跡が起こっていく様は、何度見てもテンションが上がる!

 

トレイシーと対立する悪役の親子を見返す場面も、なかなかスカッとするものがある。

何かにコンプレックスを抱えている人にぜひ見てほしい作品だ。

卯月みそか
卯月みそか
ぺこ&りゅうちぇるの子供のリンクくんの名前の由来となったキャラが出るのも、この映画なんやで
created by Rinker
¥1,950
(2019/07/15 18:38:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

鬱映画:俺たちに明日はない(1967年)

俺たちに明日はない

見終わった後の後味が最悪。

世界恐慌時代に実在した、ボニーとクライドというカップルを描いた犯罪映画。

見終わった後はなんかこう…頭を抱えるというか、何とも言えない気分になったのを覚えている。

 

結構暴力的なシーンもあるので、そういうのが苦手な人にはおすすめできない。

ただあのラストシーンの悲惨さは、いろんな意味で記憶に残るんじゃないかな。

created by Rinker
¥992
(2019/07/15 18:38:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

切なくなる映画:オペラ座の怪人(2004年)

オペラ座の怪人

劇団四季での舞台でも知ってる人は多いかな。

「オペラ座の怪人」はたびたび映画化されているけど、私が特に推しているのは2004年版。

 

ファントムカッコいい!!!に尽きる。

ファントムの境遇やラストが切ない。

最後の別れの歌のシーンとかホント「あぁ~…」ってなる。

マジでファントムには幸せになってほしいね…;;

 

1人のプリマドンナをめぐる三角関係の話で、ファントムはヤンデレなところがあって悪役気味。

でも、見ているとファントムに感情移入するから、ファントムを応援したくなっちゃうんだよなぁ~。

 

ディズニー以外で初めて見たミュージカル映画だったんだけど、「オペラ座の怪人」でミュージカルの良さを実感した。

あまりに私の中でヒットしたので、サントラ借りてスマホのミュージックに入れてるくらいw

created by Rinker
メディアファクトリー
¥3,217
(2019/07/15 18:38:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

やる気が出る映画:シング(2016年)

シング

やる気が出るというか、勇気づけられる映画。

夢を追い求めることや、1つの目標に向かって突き進むことの素晴らしさを感じることのできる作品。

CGアニメながらも、大人にも刺さる映画だなって思う。

 

つぶれかけの劇場を存続させるために、歌唱コンクールを開催するところから始まり、支配人の挫折からのラストスパートが爽快。

劇場の支配人以外にも、コンクールの出場者の中には家事に追われる主婦や恋人と別れた女の子、父親と共に犯罪に手を染める少年など様々な事情を持ったキャラがいる。

それぞれのキャラたちの成長も1つの見どころだ。

 

中でも、才能はあるのに極度の恥ずかしがり屋のミーナという象の女の子の殻を破った後の展開に注目してほしい。

個人的には、父親と共に犯罪に加担するゴリラの少年・ジョニーも、父親の関係性や自分の才能をのびのびと披露する場面に心が打たれるから、彼の活躍も見てほしいと思う。

 

見るとしたら、字幕版で見ることをオススメしたい

なんせ歌唱力がやばくて、終わった後思わず拍手をしたくなるからだ。

卯月みそか
卯月みそか
実際に映画館で見に行った時、あのラストには思わず拍手を送りたくなったわ
created by Rinker
¥1,500
(2019/07/15 18:38:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

何度も見た映画:ベートーベン(1992年)

ベートーベン

子供のころ、ディズニーやジブリと並んでよく見ていた映画の1つ。

「ベートーベン」といっても音楽家のことではなくて、「ベートーベン」という名前のセントバーナードが主役の映画だ。

 

ベートーベンはいたずらっ子で、いわゆる「おバカ犬」。

ひょんなことから5人家族に飼われることとなったが、家族の中で唯一お父さんが犬嫌い。

でも、お父さんが段々ベートーベンに心を開いて、ハッピーエンドにつながっていく様子は見ていて心が温かくなる。

 

手持ちのDVDでは5まであるのだが、近年また新作を出してた模様。

個人的に、シリーズの中では無印と2がベストだと思ってる。

created by Rinker
Nbcユニバーサル エンターテイメント
¥936
(2019/07/15 18:38:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

影響を受けた映画:となりのトトロ(1988年)

となりのトトロ

影響を受けた映画と思えるものはいろいろあるけど、その中の1つ。

なんだろうなぁ、「見えない世界の何か」を信じるきっかけになったのかなぁ。

 

トトロって、子供の時に会えるけど大人には見えない存在でしょ?

子供のころは「いつかトトロに会えるかなぁ」って思ってたし、今でもトトロみたいな何かはいるんだろうなぁと思ってる。

 

「となりのトトロ」以外にも「千と千尋の神隠し」にも同じようなことが言えるかな。

でも、原点的な意味として、ここは「となりのトトロ」を挙げておく。

 

何度見ても色あせない日本アニメ映画の名作だと思ってる。

大人になってからは、サツキとカンタの関係性の変化に、ちょっとした甘酸っぱさを覚えるw

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥5,885
(2019/07/15 18:38:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

面白くなかった映画:マレフィセント(2014年)

マレフィセント

ガチでふざけんなと思った映画。

好きな人には申し訳ないが、本当に映画館で見てるとき腹が立って仕方なかった。

マレフィセントと言えば「眠れる森の美女」の悪役で、ディズニーでも代表的な悪役だ。

まさに「悪の支配者」にふさわしい悪の女王だ。

 

なんというか、「解釈違い&地雷満載の二次創作」を見せられた気分。

あの演出も、「アンジー起用してるからそうしたかったんだろ?!?!??!」ってなるくらい腹が立った。

ラストシーンも、脳内で「は?」の嵐。

 

ディズニーヴィランズが好きで、「眠れる森の美女」のマレさまを期待しているなら絶対に見ないほうが良い。

途中で退席も考えたくらいだったし、最後まで見て地味に後悔した作品。

ほんとヴィランズ好きにとっては面白くないと思う。

あと配役のせいもあってか、オーロラ姫を育てる3人の妖精に、妙な悪印象があったのも「無いわー…」って思った理由の1つ。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥2,681
(2019/07/15 18:38:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

とにかく観てほしい映画:パプリカ(2006年)

パプリカ

なんだろう、絵が苦手じゃなかったら1度は見てほしい作品。

「夢」にまつわるストーリーで、正直私の少ない語彙力ではこの作品の素晴らしさを伝えることができない。

 

音楽良し・ストーリー興味深い・作画オバケといった3つの魅力がある。

公開当初は絵が苦手で見れなかったのだが、平沢進さんの「parade」という曲から興味を持って観たのを覚えている。

「なんで絵で見るのを避けてたんだろう」って感じに後悔した…それくらい1度見てほしい映画だ。

created by Rinker
ソニーピクチャーズエンタテインメント
¥4,106
(2019/07/15 18:38:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

以上がテーマ別に私が挙げる映画だ。

うーん、中でも特に推したいのは、「ヘアスプレー」「オペラ座の怪人」「パプリカ」かな。

犬好きだったら「ベートーベン」もぜひ見てほしい。

それでは、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

<紹介した映画>

created by Rinker
¥1,950
(2019/07/15 18:38:38時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥992
(2019/07/15 18:38:38時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
メディアファクトリー
¥3,217
(2019/07/15 18:38:39時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,500
(2019/07/15 18:38:39時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Nbcユニバーサル エンターテイメント
¥936
(2019/07/15 18:38:40時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥5,885
(2019/07/15 18:38:40時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥2,681
(2019/07/15 18:38:40時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ソニーピクチャーズエンタテインメント
¥4,106
(2019/07/15 18:38:41時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
卯月みそか
卯月みそか
文化と自然が好きなはみだし者。 真面目な文化からサブカルまで、興味のあることを掘り下げるのが好きです。