ライフスタイル

どうして月にウサギがいるの?印象的な由来を知っておこう

月のウサギ

「月でウサギが餅をついている」

小さいころにそんなことを聞いたことがあります。

 

ところで、どうしてウサギが月で餅をついているのか、知っていますか?

それには仏教的な由来があるんですよ。

破暮
破暮
 色んな意味で、印象的な由来や…

 

「月のウサギ」は仏教が由来

月のウサギに関する話は、仏教が由来となっています。

仏教が生まれたインドの「ジャータカ」という、色んな前世についての物語があるんですね。

その中に、月のウサギの元となった話が収録されているんです。

 

で、この仏教説話が日本に伝わって、平安末期の説話集「今昔物語集」などに収録されて、今でも語られるようになっています。

どんなお話かというと…

昔むかし、天竺(現在のインド)にウサギ・キツネ・サルの3匹の獣があり、ともに熱心に仏教の修行に励んでいた。

そこに、今にも倒れそうな見るからにみすぼらしい老人が現れ、養ってくれる家族もなく貧しく食べるものもないと3匹に訴えた。

そこで、サルは木に登って木の実をとってきたり、里に出て里人の果物や野菜をかすめてきて老人に与え、キツネは川原へ行って魚をとってきたり、墓に供えてあった餅や飯をかすめてきて老人に与えた。

サルは枯れ枝を拾い集め、キツネがそれに火をつけて、食事の支度を始める。

その一方で、ウサギは野を駆けずりまわり東西南北あちこちを探し求めたが、老人に与えるものは見つけられず、手ぶらで帰ってくるしかなかった。

そんなウサギを見て、サルやキツネそして老人までもが、ウサギを嘲笑し、罵った。

しかしウサギは言う。

「確かに己には食べ物を奪って持ってくる力はなかった。ですから、この身を焼いてお食べください」と。

そう言うがはやいか、ウサギは火の中にとびこんだ。

この様子を見ていた老人は、たちまちにして本来の帝釈天の姿に戻り、すべての生き物たちにこのウサギの善行の姿を見せるために、月の中にウサギを移した。

今でも月には煙のような雲影とウサギの姿があるのはそのためである。

すべての人が、月を見るたびにこのウサギの行動を思い起こすように。

Wikipedia より引用。見やすいように改行してます

 

弱っているお爺さんを助けるために食べ物を探すけど、自分だけ何も持ってくることができなかった。

「じゃぁ私が食料になりましょう!」という発想はあまりにも衝撃的で、初めてこの話を知った時は、子供ながらとても印象に残ったことを覚えてます。

 

ちなみに、帝釈天というのは仏教の守護神の1つです。

神様が老人になって、3匹の動物に食べ物を恵んでもらおうとした理由は、伝えてる本によっては

「3匹を試そうとした」

「何か良いことをさせてあげようとした」

というものがあります。

 

帝釈天も、ウサギのまさかの行動にはとてもビックリしたかもしれませんね。

 

自分を犠牲にしたウサギが可愛そう…と思う人が多かったのか、この話の後、

「ウサギをかわいそうに思った帝釈天が、焼けたウサギの皮を月に映し、皮をはがれたウサギは生き返った」

というハッピーエンドが加えられたものもあります。

破暮
破暮
個人的に、皮をはがれた方もかわいそうな気はするけどな…; 

 

結構ツッコミどころ多くない?

この月のウサギの話は仏教説話となっていますが、よくよく見るとツッコミどころ満載です。

私が見つけたツッコミどころとしては…

  • 猿と狐の食料は里の人の食べ物やお墓のお供え物を盗ってきたもの
  • 狐が取ってきた魚は殺生に値しないのか
  • よく見ると老人(帝釈天)もウサギを責めている
  • そもそもウサギの行為もある意味殺生では…

こんな感じですかね。

 

仏教では、盗みや殺生はダメって言われてます。

猿は木の実の他にも、里の人の食べ物をかすめ取っています。

狐も、お墓にお供えしてあるものを取ってきました。

登場人物が動物なので、動物にも仏教のルールを押し付けるのもどうかというのもありますが、盗んだものは見逃すのでしょうか?

 

ウサギの自己犠牲に全部持っていかれてますが、よく見ると仏教説話にしては、ちょっとツッコミたいところはありますね。

破暮
破暮
まぁこの話のテーマが「自己犠牲の尊さ」「ウサギの献身的な姿勢やべぇ」って感じなので、ツッコむのも野暮なんやけどな

でも仏教かじった身としては、ちょっと気になってしまうんや… 

 

何で月で餅ついてるの?

ところでどうしてウサギは月で餅をついているのでしょうか?

諸説ありますが、主に考えられているのは

  • 老人に団子を作っている
  • ウサギが食べ物に困らないため
  • 餅つきと望月(もちづき/満月のこと)をかけている

ですかね。

 

月に上ってまでおなかをすかせた老人にお団子を作ってる説を考えると、ウサギが凄い健気です…。

個人的には、3番目の「餅つきと望月をかけたシャレ」ってのが好きですねw

破暮
破暮
 子供のころは、「ウサギは餅が好きだから」って考えてました

 

ちなみに、中国でも月の影をウサギととらえるんですが、中国の場合「ウサギは月で薬を作っている」と考えられています。

もっと言えば、不老不死の薬の材料を粉にしているって感じですね。

 

日本と中国で同じように見ていますが、ウサギがついているものが違うのは面白いですね。

 

まとめ

どうして月にウサギがいるのか…。

それは、「自分が食料となるべく犠牲になったウサギの姿を後世に残すために、帝釈天が月に映した」という仏教説話が由来となっているんですね。

満月に映るウサギを見ると、健気すぎるウサギの話を思い出します。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

ABOUT ME
破暮
破暮
「はぐれ」と読みます。文化と自然が好きなはみだし者。 真面目な文化からサブカルまで、興味のあることを掘り下げるのが好きです。
こちらの記事もオススメ!