ライフスタイル

紅葉狩りって結局何すればいいのよ…?

紅葉狩り

秋が深まってくると、「紅葉狩り」のイベントが多くなってきますよね。

ところで、「紅葉狩り」って具体的に何をすれば良いんでしょうか?

 

A子
A子
やっぱ、紅葉を見るだけ?

でもピクニックしてる人もいるよね?お花見みたいなもの?

 

まぁ、ぶっちゃけると大体そんな感じです。

「紅葉を見て、楽しむ」というのが、「紅葉狩りでやること」なんです。

 

紅葉の楽しみ方は色々あるよ

高野山の紅葉

「紅葉狩り」=「紅葉を見て楽しむ」

だから、紅葉を楽しむならピクニックでも散策でも、写真を撮るでもデートするでもなんでも良いんです。

 

最初に記載してたように、お花見の秋バージョンと思った方が良いですね。

だから、紅葉シーズンに紅葉の名所に出かけて美味しいものを食べたり、風景画を撮ったり…。

 

遠出しなくても、散歩がてら近場の紅葉を見に行くのも立派な紅葉狩りです。

見るだけじゃなくて、落ちている紅葉を拾って押し葉にするというのも、ちょっと風流な感じがあって良いですね♪

破暮
破暮
紅葉「狩り」だからといって、紅葉の枝を手折るのはアカンで…! 

 

もしも見頃のシーズンを逃して、紅葉が散っちゃった…という場合も、足元に広がる紅葉のじゅうたんを楽しむのも、またオツなものかもしれません。

 

「紅葉狩り」という言葉の意味

そもそも、なんで紅葉を見るだけなのに「紅葉狩り」というのでしょうか?

A子
A子
「狩り」ってハンティングって意味でしょ?
A男
A男
「鹿や猪を狩る」って感じに使うよね

「紅葉を狩る」って何か違和感ある

私もこんな感じのことを、紅葉狩りの季節が来るたびに思ってました。

 

実は「狩り」って言葉は、狩猟の意味の他にも意味があるんです。

weblio古語辞典によると、

かり 【狩り】

名詞

①狩猟(しゆりよう)。多く「鷹狩(たかが)り」をいう。◇「猟り」とも書く。

花・木・草・蛍などを求めてとったり、観賞したりすること。▽桜・紅葉・蛍などの語の下に濁音化して接尾語的に用いる。「桜がり」

引用:狩りの意味 weblio古語辞典

となっています。

つまり、「紅葉狩り」の狩りは2番の意味になるんですね。

 

このことから、「紅葉狩り」=「紅葉を採集したり、鑑賞したりすること」という意味になります。

 

「紅葉狩り」の起源

調べてみたところ、諸説あるみたいですね。

代表的なのは、

  • 平安時代
  • 江戸時代

の2つ。

 

平安時代では貴族流の雅な楽しみ方、江戸時代では現代と同じような庶民的な楽しみ方をしていたみたいです。

 

平安時代

実を言うと当時の貴族の秋の行事としては、9月9日の重陽の節句とお月見ぐらいで、「紅葉狩りは重要視されてたわけではない」という説もあるみたいです。

他にもこういう話題を見かけました。

平安貴族たちは桜や藤など、さまざまな花を愛でましたが、実は紅葉はあまり登場しません。桜などは内裏の中や邸宅内に植えられていましたが、紅葉を楽しむには山(外)へ出掛けていかねばなりませんでした。当時、紅葉は主に渓谷に自生しているだけで、光源氏の建てた六条院の秋の町には紅葉が植えられていたと記されていますが、まだ、観賞用としてあまり庭園に植えられてはいなかったようです。

引用:紅葉狩りの起源 そうだ京都、行こう

破暮
破暮
 「紅葉狩りの起源は平安時代!!」というのをよく見かけるけど、もしかしたら積極的に楽しむ貴族は少数派だったのかもしれへんね

 

「紅葉狩りは平安時代が起源!」という説には、

  • 山を彩る紅葉を見て「綺麗だねー」という楽しみ方をしてた
  • キノコ狩りなどで山歩きをしてた時、紅葉も楽しんでいた
  • 実際に山に行って紅葉の枝を手折って収集してた

というものがありますね。

そして、紅葉をテーマにした歌を作って遊ぶ「紅葉合(もみじあわせ)」という文化があったことも、「紅葉狩り平安時代起源説」に関係してるのかもしれません。

 

江戸時代

紅葉狩りは、江戸時代に庶民の間でブームになります。

江戸時代の紅葉狩りが、現代の私たちの紅葉狩りと同じ感じですね。

 

引用:紅葉狩りの起源 そうだ京都、行こう

紅葉狩りが庶民の間で流行したとき、お伊勢参りとか旅行ブームだったんですよ。

紅葉の名所が当時の旅行雑誌「都名所図会」に特集されて、そこから庶民が紅葉狩りをしに現地に旅行。

紅葉の木の下で宴を催す…まさにお花見の秋バージョンを楽しんでいたんですね。

破暮
破暮
 平安時代では山を彩る紅葉を見ていたのが、江戸時代に紅葉の名所に行って食事などを楽しむ…といった風に変わっていったんやね

 

正直、個人的には「紅葉狩りの起源は江戸時代説」を推したいところですね。

平安時代説に関しては、「こんな楽しみ方をしてたよ~」というのに対して、「いやー貴族的にそんな重要な行事じゃなかったし」といった反対意見もありますからね。

 

もしかしたら、紅葉狩りを楽しんでた貴族は少数派かもしれないなーということを思うと、「現代に近い楽しみ方をしていた江戸時代の方が起源」と考えるのが良いかもしれないです。

 

まとめ

紅葉を見て、その色どりを楽しむのが「紅葉狩り」。

紅葉を楽しむなら、ピクニックでも写真撮影でもなんでも良いんです。

(ただ枝を折るなどして傷つけるのはダメですよ!!)

 

今年の秋、あなたはどんな紅葉狩りを楽しみますか?

ここまで読んでくださりありがとうございました!

お月見
お月見は十五夜だけじゃない!由来と一緒に知っておきたい雑学を紹介秋の行事の1つ・お月見。 特に9月の十五夜は「中秋の名月」とも言われ、この日に空を見て月を愛でる人は多いですよね。 ...
重陽の節句
重陽の節句って何をする日なの?菊や栗で節句を過ごす日!「重陽の節句」という日を聞いたことがありますか? 9月9日にある日で、ひな祭りや子供の日といった節句の1つにあたる日です。 ...

 

<参考にしました>

ABOUT ME
破暮
破暮
「はぐれ」と読みます。文化と自然が好きなはみだし者。 真面目な文化からサブカルまで、興味のあることを掘り下げるのが好きです。
こちらの記事もオススメ!