漫画

分かりやすい古事記を読むなら、マンガ「超楽!古事記」で決まり!

超楽!古事記

この記事は、「超楽!古事記」という漫画について解説しています。

 

私は日本神話が好きなのですが、親和関係の書籍とかネットを漁ることがあるんです。

でも、大体どれも文字ばかりなんですよね…。

もちろん、現代語訳にして読みやすいものもありますが、できれば漫画とかでイメージがつかみやすくて楽しみやすいもので読みたいです。

 

それにぴったりなのが、この「超楽!古事記」なんですよ!

 

破暮
破暮
描かれているキャラがとても可愛らしくて、日本の神様をもっと身近に感じられる作品だと思うで! 

 

「超楽!古事記」で扱われている内容

古事記と一言で言っても、上巻・中巻・下巻の3種類あります。

「超楽!古事記」では、「読み解き 古事記(坂田安弘著)」と「口語訳古事記 完全版(三浦佑之)」を参考に、古事記上巻の国生みから日本建国までを漫画にしてまとめています。

 

知ってる人も多いアマテラスやスサノオたち、「岩戸隠れ」や「ヤマタノオロチの退治」、「因幡の白兎」といった神話が、可愛らしい漫画になって繰り広げられています。

また、アマテラスの子孫がどうやって「日本」という国を建国したのかという話もあって、初めてこの話を読んだときは「へ~神話ではそういうことだったのか~」とガッテンできましたw

 

ちなみに、「超楽!古事記」の内容は基本的に漫画ですが、神様に関するコラムもいくつかあって、神様の基礎知識をサクッと読むこともできますよ。

破暮
破暮
日本の神話に興味はあるけど、文字だけだと疲れちゃう…という人にオススメ!

漫画なので、感覚的に日本神話の基本が理解しやすいと思う 

 

「超楽!古事記」がオススメの理由

キャラクター(神様)が可愛い!

まず何と言ってもキャラクターが可愛い!

作者の庭猫もるさんの描かれるキャラクターは、女性なら可愛らしく、男性ならカッコいい感じに描かれていますね。

 

私のお気に入りはやっぱりアマテラスですね。

アマテラス©「超楽!古事記」庭猫もる/株式会社角川書店

日本神話ではトップの神様として扱われますが、漫画ではほんわかしたお嬢様という感じで、正直守りたくなりますw

有名な「岩戸隠れ」の話では、スサノオの素行の悪さのクレームに対してフォローするお姉ちゃんっぽさを出すんですが……。

引きこもった後に

「もう皆直接本人に言わないで私に文句言って」

「私だって手に負えないのに」

第二章 岩戸隠れより

©「超楽!古事記」庭猫もる/株式会社角川書店

と1人泣きながら愚痴る姿は、ちょっとかわいそうだなぁとなります。

アマテラスってまあまあ苦労人だなぁと思います。

結構いっぱいいっぱいになってオロオロしがちな姿があるので、守りたい気持ちになっちゃうんでしょうね。

 

ちなみにアマテラス関連で注目してほしいのは、日本建国の話でちょこっと出てくるだけなんですが、タケミカヅチとの主従関係ですね。

オロオロするアマテラスと、どっしり構えるタケミカヅチのデコボココンビ具合に癒されます…!

 

破暮
破暮
「超楽!古事記」の中では、他にも色んな神様が登場しては生き生きと漫画の中で動くんよ

あなただけのお気に入りの神様が見つかるかもしれへんね! 

 

古事記の神話をコメディも交えながら読める

「古事記」というと、なんか真面目な内容のように思えるかもしれませんが、庭猫もるさんのギャグ描写のおかげで楽しんで読めます。

 

私が初めて庭猫もるさんの漫画を読んだとき

破暮
破暮
  あれ?私の思ってる日本神話じゃない…面白いぞコレ!!

ってなったのを覚えてます。

 

勢いのあるギャグを交えて、サクサクと日本神話が読める…。

本当に初めて見た時は衝撃的でしたし、庭猫もるさんの漫画があったから日本神話や神社がもっと好きになれました。

 

ギャグの視点で言うと色々見てほしい場面ですが、例を挙げるとすると「因幡の白兎」から始まる大国主関連の話ですね。

兄たちの妨害や、スサノオの試練の話は、ギャグ描写も相まってツッコミどころ満載ですw

そのドタバタした雰囲気を楽しんでほしいですね。

作者のサイトではヤマトタケルの話も読めるよ!

ここからは余談なのですが、「超楽!古事記」の作者の庭猫もるさんは、個人サイトも持っています。

サイトでは、「もげやま日本神話」というタイトルで、「超楽!古事記」でも描いた古事記の上巻と中巻にある「ヤマトタケル」の話が漫画化されています。

 

ヤマトタケルの話は、「名前だけ聞いたことはあるけど詳しい話はよく分かんないなー」って思ってましたが、庭猫もるさんの漫画力の高さによって次の話へとサクサク読むことができました。

シリアス多めですが、いい塩梅でギャグ描写も交えているので、こちらも「超楽!古事記」のように楽しんでヤマトタケルの話を読むことができると思います。

 

破暮
破暮
庭猫もるさんの個人サイトでは、「超楽!古事記」には掲載されていない話や、パロディ漫画も楽しむことができるで!

ピクシブでは、庭猫もるさんオリジナルの漫画も掲載されていて、どれも無料で読めるので、良かったら訪問してみてくださいね! 

 

まとめ

「興味はあるんだけど、文字ばかりだと疲れちゃうなぁ」という人におすすめの漫画版古事記「超楽!古事記」。

庭猫もるさんが描く、生き生きと可愛らしい神様で、サクサク古事記を理解しましょう!

楽しんで日本神話を読むなら、断然「超楽!古事記」をオススメしますっ。

 

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

ABOUT ME
破暮
破暮
「はぐれ」と読みます。文化と自然が好きなはみだし者。 真面目な文化からサブカルまで、興味のあることを掘り下げるのが好きです。