アニメ

ゲゲゲの鬼太郎6期18話感想 妖怪を通して自然と人間の関係を考える

鬼太郎18

今日のゲゲゲの鬼太郎は、猫娘メインのかわうそ回でしたね。

猫娘は妖怪なだけあって、自然の良さをよく分かってますねぇ~。

そしてかわうそも可愛かったです!

 

ですが、ほのぼのとした話の裏に、自然と人間の関係を考えさせられます。

「昔はあんなに人間がいたのに、今はもういない」と寂しさを覚えるかわうそや、「どれも自然を形作るのに、最近の人間はそれを忘れている」という猫娘のセリフが印象的でした。

 

※感想なのでお話のネタバレがあります!

苦手な方はココでバックしてください!!

 

18話あらすじ

このところ毎日のように鬼太郎の家の前に大量の野菜が届けられるようになっていた。一体誰の仕業かと不審がる鬼太郎と目玉おやじだったが、そこへ現れたねこ娘は、ただの野菜なのだからもらっておけばいいと言う。実は、その野菜は、誰も耕さなくなった畑を借りてねこ娘が育てていたものだった。ある日、ねこ娘は道端で倒れ、困っている少年に鬼太郎に届けるはずだった野菜を与える。一方、まなは訪れた別荘の近くに、ずる賢い妖怪が出るという噂があることを母親から聞かされて…!?

引用:「ゲゲゲの鬼太郎」アニメ公式サイト

 

今回の妖怪について

鬼太郎18引用:animate Times ©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

今回の妖怪は「かわうそ」。

いや~可愛いですね~(´ω`*)

 

5期鬼太郎でも準レギュラーで登場していました。

今回は、嘘をついて猫娘から野菜を貰っていましたが、その野菜をお婆さんに分けていたおかげで、崖から落ちてけがをしたお婆さんが元気になったんですよね。

 

伝承では、狐や狸と同じように人を化かす妖怪で、美女に化けて寄ってきた男を食べるという話があるんですよ。

 

終盤でゲゲゲの森にすむことになったかわうそ。

今後も何かで出番が欲しい所ですね!

 

動画サイト「dTV」では、今回の鬼太郎の配信を見ることができますよ!

月額500円で、初月はおためし無料なので、良かったら活用してみてくださいね♪

 

妖怪の目を通して、自然と人間の関係を考える

鬼太郎18引用:animate Times
©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

今回の話では、主に農作業をする猫娘の話が主軸にありましたね。

途中で別荘に来ていたまなちゃんと会って、まなちゃんがスイカのなっている所を見たことが無いことに衝撃を受けます。

 

最近では、都会の子は自然と触れ合う機会が少ないですからね。

畑とか、食べ物がどうやってできるのか…について、あまり分からないこともあるでしょう。

 

私は幼少のころは街に住んでいましたが、時々保育園か小学校の教育で、近所の畑に行っていたものです。

今の場合はどうなんでしょうかね?

 

まなちゃんに飛び付いてきたハナムグリを取り、まなちゃんに「虫平気なの?」と聞かれた後、猫娘はこう答えます。

木も花も、虫も獣も、人も妖怪も、どれも同じ自然を形作る要素でしかない

最近の人間は、それを忘れがちだけど

「ゲゲゲの鬼太郎」18話 猫娘のセリフ

 

うーん、確かに昔は、人間も自然と共存して暮らしていたんですよね。

全体的に考えれば、人間だろうと妖怪だろうと、動物でも虫でも、みんな一緒なんですよ。

みんな自然なんですよ。

 

でも、文明化や技術が進んで、人間は都会へと進出して自然から離れる生活をすることが多くなりました。

その生活が長く続いて、いつしか人間は自然と共存する要素の1つであることを忘れてしまったような気がします。

 

アニメでは、それが虫を怖がったり、スイカが地上でできてることを知らないまなちゃんとして描かれていたと思います。

 

さらにアニメの最後の方で、かわうそはこう言っていましたね。

近頃の人間はおかしいのだ

山を捨てて、野を捨てて、みんな遠くへ行っちまう

「ゲゲゲの鬼太郎」18話 かわうそのセリフ

ずっと野山で生き、そこで人間をからかいながらも共存していたかわうそにとっては、今の人間はおかしくなったように見えたんですね。

ある意味かわうそのこのセリフは、現代の人間への自然からのメッセージなのかなと思います。

 

もちろん、今でも地方で農業などをして働いている人はいます。

でも、都会暮らしの人間の方が多数派ですよね。

自然とあまり接する機会の無い人間の方が多数派ですよね。

 

これまで自然と共存していたのに、いつしか自然ではなく便利さを求めて、自然の少ないところで生きることを選んだ人間。

自然に触れることが少ないから、自然の恵みを恵みと思うことが少ないですし、虫といった自然の要素を受け入れることが難しいことになってるのかもしれません。

 

もう便利さファーストな現代では、昔のように自然と共存することに戻るのは難しいかもしれません。

でも、自然と人間の関係を考え直すきっかけとして、今回の話はなかなか深い物でしたね。

 

動画サイト「dTV」では、8月5日(日)の午前0時より、今回の鬼太郎の配信を見ることができますよ!

月額500円で、初月はおためし無料なので、良かったら活用してみてくださいね♪

 

まとめ

今回の鬼太郎は、猫娘やかわうそを通して、人間と自然の関係について考えさせられる話でした。

昔は人間も自然と共存して、自然を形作る要素の1つでした。

でも、いつしか山を捨てて野を捨てて、遠い都会へと行ってしまった人間…。

 

妖怪から見たら、現代の私たちは「おかしくなって」しまったのかもしれませんね。

昔のように自然と共存する道に戻るのは難しいですが、ちょっとでも自然を大切にし、自然に敬意を払える人間になれたら良いなと思いました。

 

あなたは今回の猫娘とかわうその言葉、どう受け止めましたか?

それでは、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

おまけ:鬼太郎関連商品紹介

10月2日に、6期鬼太郎のDVD・Blu-ray BOXが発売されます!

アマゾンや楽天で予約が受付されていますよ♪

ネット予約の方が、何割かお安いみたいです!

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥9,042
(2018/11/15 08:59:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥12,681
(2018/11/15 08:59:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

また、ねこ娘のフィギュアがHG GIRLSより受注販売中!

上の画像クリックで、プレミアムバンダイの予約ページに飛びます。

完全受注生産のため、一般店頭の販売は無いそうです。

現在は7月6日より2次受注が行われてて、発送は来年2019年の1月となります。

販売価格は1,944円(税込)

 

1次受注では開始2日で準備数に達してしまったという人気ぶり!

プレミアムバンダイにて、まだまだ2次受注は受付中ですよ!(7月22日現在)

 

さらに

「今回の鬼太郎見逃しちゃった!」

動画配信サイトdTVなら、見逃し配信をしてくれています♪

 

鬼太郎の場合、1週間後の日曜0時に新しい話が更新されるようになってますよ。

初回なら31日間無料なので、よかったら利用してみてくださいねっ。

dTV

ABOUT ME
破暮
破暮
「はぐれ」と読みます。文化と自然が好きなはみだし者。 真面目な文化からサブカルまで、興味のあることを掘り下げるのが好きです。
こちらの記事もオススメ!