アニメ

ゲゲゲの鬼太郎6期17話感想 種族差の関係を描いた切ない話だった

鬼太郎17話

今回の鬼太郎は、とても切ないお話でしたね。

妖怪と人間の仲を描いたお話はすねこすりでもありましたが、すねこすり回とはまた違った切なさがありました。

 

前回で、まなちゃんが花火を見ながら「ずっとこの時間が続けば良いな」というセリフを言っていましたが、それを受けた内容なのですかね。

仕えた人間はすでにいない…それに翻弄された蟹坊主がとても切なかったです。

 

そしてサラッと観光スポットを宣伝するとこもあって、「良いな境港回w」ってなりましたw

 

※感想なのでお話のネタバレがあります!

苦手な方はココでバックしてください!!

 

17話あらすじ

鳥取県境港の町。夜な夜な怪しい修行僧が現れて、謎かけをしては、答えられない人々を銅像に変えていく事件が密かに発生していた。そうとは知らない一反もめん、ねずみ男、子泣きじじい、ぬりかべ、ねこ娘たちも次々と銅像にされてしまう。ついには鬼太郎までもが変わり果てた姿となってしまった。あわや砂かけばばあも襲われるかと思われた時、砂かけばばあを姫様と呼び修行僧の動きが止まる。危うく難を逃れた砂かけばばあ、目玉おやじとまなたちは山奥の烏天狗に助けを求めに行くのだった!

引用:「ゲゲゲの鬼太郎」アニメ公式サイト

 

今回の妖怪について

鬼太郎17引用:animate Times

今回の妖怪は、種類としては2種類出ましたね。

まずは敵役として登場した蟹坊主

両足八足、方向自在にして、目は天をさす

「ゲゲゲの鬼太郎」17話 蟹坊主のセリフ

このなぞなぞに答えられなかったら、泡を吹きかけて銅像にしてしまうという妖怪でした。

 

伝承でも、無人の寺に住み着き、そこに訪れた人間にアニメと同じようななぞなぞをするというものがあります。

アニメでは、とあるお姫様に正体を知られながらも仕えていた妖怪でしたね。

 

なぞなぞの答えは「蟹」じゃないの?と私も思いましたが、正しくは「蟹坊主」。

敵なのか味方なのかを判別するために、なぞなぞを出していました。

 

蟹坊主が姫様に仕えていたのは、誰が見方で誰が敵なのか分からない戦国時代…。

その時代に生きていたからこそ、「完璧に「蟹坊主」という答えを出さなければならない」という描写。

うまいなぁって思いましたねぇ…。

 

鬼太郎17引用:animate Times

そしてもう1種の妖怪が、日本最古の霊峰・大山(だいせん)に住むカラス天狗

「人間も妖怪も関係ない」と人間に仕える蟹坊主とは違い、「妖怪が人間に加担するのは違う」と反対の考えを持つ長老がいましたね。

 

「我らには関係ない」と言って、情報を与えるだけで砂かけ婆やまなちゃんと協力する気配がありませんでしたが、本当に境港がピンチになった時はしっかり助けてくれました。

「無益な争いには関わらない」と言ってましたが、本当は優しいんですね、長老。

 

鬼太郎17引用:animate Times

そして、そのカラス天狗の若者として、小次郎というカラス天狗も登場してました。

まなちゃんにときめくシーンもあって、5期で出てきた天狗ポリスの黒鴉を思い出しますw

破暮
破暮
5期鬼太郎に出てきた黒鴉は、猫娘に惚れてる描写があったんやで

 

正直キャラとしては好きなので再登場を願いたいところですが、境港の山に住んでいるカラス天狗なので、再登場は無さそうな予感がするのが残念です…。

 

最後まなちゃんの様子を見ながら、長老に「蟹坊主のようにはなるなよ」と釘を刺されていました。

でもやっぱりまなちゃんに会いたくて、大山からまなちゃんのいる街にやってくる…という展開は無いでしょうか公式さん…!

 

主を忘れない蟹坊主の切なさ

今回の注目すべき点は、なんと言っても蟹坊主の主人を思う心。

最初は何の目的で人を銅像にしているのか分かりませんでしたが、姫様を探しながら彼女を守ろうとしていたんですよね。

 

戦国時代でも種族の関係を無視して、姫様に仕えていた蟹坊主。

でも、まじない師に封印されて、姫様も亡くなってしまいました。

 

目覚めた時にはもう姫様もいない。

つまり、独りぼっちなんですよね。

でも、姫様はどこかにいる、姫様を守るんだという気持ちが分かるシーンはとても切なかったです。

 

姫様と思った砂かけ婆に真実を離されても、「嘘だ!嘘だ嘘だ!」と暴れまわっていましたね。

あのシーンは、すねこすりの時の話を思い出します。

 

そして最後の

姫様の眠るこの町に、俺も一緒に…

「ゲゲゲの鬼太郎」17話 蟹坊主のセリフ

と言って、自分の泡に包まれて銅像になるシーン…。

 

 

 

あぁ!!なんて切ない!!!

 

 

 

ものすごい時間が経っても、姫様を想い、姫様を守る姿勢。

そして独りぼっちになったことを悟って混乱し、最後は納得して主の眠る場所で一緒に眠る…。

 

人間と妖怪の主従愛と言うのでしょうか。

 

もうそういうの大好き!!!

 

人間と妖怪の仲が6期のテーマ?

鬼太郎17引用:animate Times

今期の鬼太郎はちょこちょこ「人間と妖怪の仲」を扱った話が出てきます。

ある意味これは6期のテーマになっているのでしょうか…。

 

まなちゃんも鬼太郎や猫娘と仲が良いですし、鬼太郎も最初はまなちゃんを突き放していましたが、なんだかんだ仲良くしています。

 

前回まなちゃんが花火のシーンで「この時間がずっと続いたらいいのに」と言って、その後に鬼太郎がほほ笑む(?)ようなしぐさをしていました。

今後、鬼太郎やその仲間たちとまなちゃんとの間に、何かが起こる伏線っぽいですよね。

 

なんか6期鬼太郎は、現代社会への皮肉を取り扱った内容があるので、そっちに目が生きがちです。

でも「人間と妖怪」という、種族を超えた絆や関係というポイントも、見るうえで注目すべかもしれませんね!

 

まとめ

今回の鬼太郎は、妖怪と人間という、種族を超えた関係の切なさを思うお話でした。

主を失い、独りぼっちになってしまった蟹坊主はとても切ない存在でしたね。

 

この「人間と妖怪の絆や関係」というのは、ある意味6期鬼太郎を見るうえで注目すべきポイントなんだと思います。

今後の展開が楽しみですね!

 

ちなみに、次回は私が5期で大好きだったかわうそが出てきます!

5期では鬼太郎の味方でしたが、6期ではどのように描かれるのでしょうか?

 

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

次回:ゲゲゲの鬼太郎6期18話感想 妖怪を通して自然と人間の関係を考える

おまけ:鬼太郎関連商品紹介

10月2日に、6期鬼太郎のDVD・Blu-ray BOXが発売されます!

アマゾンや楽天で予約が受付されていますよ♪

ネット予約の方が、何割かお安いみたいです!

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥9,042
(2018/11/15 08:59:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥12,681
(2018/11/15 08:59:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

また、ねこ娘のフィギュアがHG GIRLSより受注販売中!

上の画像クリックで、プレミアムバンダイの予約ページに飛びます。

完全受注生産のため、一般店頭の販売は無いそうです。

現在は7月6日より2次受注が行われてて、発送は来年2019年の1月となります。

販売価格は1,944円(税込)

 

1次受注では開始2日で準備数に達してしまったという人気ぶり!

プレミアムバンダイにて、まだまだ2次受注は受付中ですよ!(7月22日現在)

 

さらに

「今回の鬼太郎見逃しちゃった!」

動画配信サイトdTVなら、見逃し配信をしてくれています♪

 

鬼太郎の場合、1週間後の日曜0時に新しい話が更新されるようになってますよ。

初回なら31日間無料なので、よかったら利用してみてくださいねっ。

dTV

ABOUT ME
破暮
破暮
「はぐれ」と読みます。文化と自然が好きなはみだし者。 真面目な文化からサブカルまで、興味のあることを掘り下げるのが好きです。
こちらの記事もオススメ!