アニメ

ゲゲゲの鬼太郎6期15話感想 美しさについて考えさせられた

鬼太郎15話

今回の鬼太郎も、なかなかぶっこんでいるお話でした…。

 

自分の顔に悩んで、妖怪の力を借りてまで美しくなろうとする心…。

不細工な顔の心の闇は深いし、美しさについて考える…そう思えるお話です。

 

でも、本人が幸せなら、その結末もある意味ハッピーエンドなのかもしれませんね。

 

 

※感想なのでお話のネタバレがあります!

苦手な方はココでバックしてください!!

 

15話あらすじ

アイドルのおっかけをしている少女・きららはかわいい顔になりたい願望が強く、自分の容姿を恨めしく思っていた。ある時きららは不思議な老婆、妖怪・ずんべらに出会う。ずんべらは、自分の霊形手術を受けさえすれば望むままの美貌を手にすることができると持ちかける。かくして、霊刑手術を受けたきららは美少女となった。しかし、彼女は大きな代償を払っていたのだ。美少女となり周囲からの羨望のまなざしに酔いしれたのも束の間、突如、苦しみがきららを襲う。なんと彼女の顔が全て剥がれ落ち、のっぺらぼうになってしまったのだ!

引用:「ゲゲゲの鬼太郎」アニメ公式サイト

女の子なのにいわゆる「不細工」…というのは、とても深い悩みです。

きららちゃんはフリフリの可愛らしい服が好きな女の子でもありました。

 

ただ、顔の造詣が悪いために、周りから「うわぁ!」「ブスのくせに」とからかわれてしまいます。

そうすると、心が歪んでしまうのも仕方の無いことです…私も経験がありますからねぇ…。

 

「こんな顔じゃなければ…」「もっと可愛い顔だったら…」

今回の鬼太郎は、顔の造詣についてなかなか考えさせられるお話でした。

 

今回の妖怪について

鬼太郎15話引用:animate Times

今回の妖怪はずんべら

 

最初の登場は老婆の姿でしたが、その後はとても美しい妖怪の姿でしたね。

私はこういう顔好きです(直球)。

 

目玉おやじによると、美しさを追求して水銀を飲んで死んだ女が妖怪になったものだそう。

 

「霊形手術」という手法で、女性の顔を美人の顔にしていましたが、その真相はずんべらがはぎ取った死人の顔!

 

とはいえ、ずんべら自身には悪意はなく、ただ単に自分と同じように美を追求する女性を愛おしく思う気持ちからこの行為をしていたみたいですね。

一概に悪い妖怪だと言える存在ではないなと思いました。

 

顔の造形の悩みは深い

鬼太郎15話引用:animate Times

今回のテーマはいわゆる「美容整形」。

あらすじの方でも書きましたが、顔の造詣についての悩みは深いものです。

 

最終的にきららちゃんは自分の顔を捨てて、美少女の顔に戻っていました。

 

その前に憧れのイケメンに「君の心が好きだ!君の心を支えたい」と告白を受けていましたし、1度は元の自分の顔に戻していました。

 

ですが、最後は美少女の顔になり、芸能界入りを果たすというオチ…。

 

「せっかくの告白だったのに!」とか、「心の美しさが大事だろ!?」とか思うところはあるのですが、自分の顔を取り戻す前にきららちゃんはこんなことを言っています。

かわいくなって初めて世界が動き出したみたいだった…!

それまで私は死んでたの!もう生きながら死ぬのは嫌!!

「ゲゲゲの鬼太郎」15話きららのセリフ

可愛らしいファッションに可愛らしい声…でも顔だけは不細工というきららちゃん。

そのせいで周りから虐げられていました。

でも、可愛くなったことでスカウトされたり、周りからちやほやされたりして良い気分になりました。

 

やっぱり「心の美しさが大事」とはよく言うものの、結局は顔です。

顔で幸せが手に入ります。

 

霊形手術を経て、きららちゃんはこれまで掴めなかった幸せをしっかりと手に入れました。

イケメンの愛を受け入れる幸せよりも、可愛い顔で幸せを手に入れることをきららちゃんは選びました。

そのことで、きららちゃんの世界は動き出しています。

 

全体的に見ればビターエンドですが、本人にとってはハッピーエンドなのかなと思いました。

 

コンプレックス破棄の肯定

鬼太郎15話引用:animate Times

私は今回の話を見て「人は心だよ~顔じゃないよ~」というのはきれいごとだなぁと思いました。

 

確かにね、人は中身も大事というのはありますが、やっぱり顔なんですよね。

きららちゃんが顔を美少女にしたことで、スカウトされたりちやほやされたりするのを見れば分かります。

 

イケメンの告白シーンを経て「顔よりも中身が大事なんだよ」という、ありがちな話で終わるのかと思いきや、きららちゃん整形(霊形なのか美容整形なのかは分かりませんが)というオチ。

 

こうやって綺麗な話で終わらせないのが凄く素敵でした。

 

 

ある意味今回の話は、「コンプレックスの破棄の肯定」というテーマにもつながるのかなと思います。

 

きららちゃんの場合、顔ですよね。

他人に否定されて、自分自身も自信が持てなかったものを思い切って捨てることで、きららちゃんは自信をもって自らが望んだ人生を歩めるようになったと感じ取れます。

 

 

きららちゃんが放棄したのが顔なので、人によっては色々思うところがあるのかもしれません。

でも、たとえまた霊形手術をしたにせよ、美容整形をしたにせよ、コンプレックスを捨てて望み通りの顔を手に入れたきららちゃんはどこかキラキラしているように思えました。

 

まとめ

今回の話は「美容整形」「美しさについて」「コンプレックス破棄の肯定」について考えさせられるお話でした。

 

「人間は心。外見より中身」というのは、ある意味きれいごととも取れます。

 

「可愛くなって初めて世界が動き出した」というきららちゃんのセリフはとても印象的です。

自分の幸せの追求は、自分の欲望に忠実になって動くのも良いのかもしれないと感じた話でした。

 

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

次回:ゲゲゲの鬼太郎6期16話感想 地域の一体化の大切さを感じる話だった

 

おまけ

なんと、ねこ娘のフィギュア化がHG GIRLSより発売決定しました!

さすがねこ姐さん…CMのイメージキャラだけでなくフィギュア化までやってしまうとは…。

上の画像クリックで、プレミアムバンダイの予約ページに飛びます。

完全受注生産のため、一般店頭の販売は無いそうです。

現在は7月6日より2次受注が行われてて、発送は来年2019年の1月となります。

販売価格は1,944円(税込)

 

1次受注では開始2日で準備数に達してしまったという人気ぶり!

プレミアムバンダイにて、まだ2次受注は受付中ですよ!(7月8日現在)

 

また、10月2日に、6期鬼太郎のDVD・Blu-ray BOXが発売されます!

アマゾンや楽天で予約が受付されています~♪

 

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥9,042
(2018/11/15 08:59:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥12,681
(2018/11/15 08:59:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

さらに「今回の鬼太郎見逃しちゃった!」

動画配信サイトdTVなら、見逃し配信をしてくれています♪

鬼太郎の場合、1週間後の日曜0時に新しい話が更新されるようになってますよ。

 

初回なら31日間無料なので、よかったら利用してみてくださいねっ。

 

dTV

ABOUT ME
破暮
破暮
「はぐれ」と読みます。文化と自然が好きなはみだし者。 真面目な文化からサブカルまで、興味のあることを掘り下げるのが好きです。
こちらの記事もオススメ!