宗教

どうして神社参拝を避けるべき?3つの「穢れ」について

夜の神社

こちらの記事では「穢れ(けがれ)」についての解説です。

 

神社参拝について「これはやってはいけない」というような話題で、「生理中は参拝してはダメ」というのを、目にすることがあると思います。

 

これは、「生理=血が流れている=穢れ」という理由から来ているのですが、そもそも穢れって何なのでしょうか?

 

実は、穢れには主に3つの種類があるんですよ。

神社参拝を避けるべき3つの穢れを通して、どうして避けるべきなのか…私の知識の限りになりますが、解説していきますね。

 

※私はその道の専門家ではなく、趣味で知識を集めているようなものなので、間違いがあるかもしれません。

 

1.赤不浄

まずは赤不浄についてです。

これは、簡単に言えば出血のことですね。

 

よく言われるのが女性の月経(生理)ですが、流血しているという状態自体が「不浄」という考えになります。

 

だから広い意味でとらえると、怪我をして血が出ている状態や鼻血を出してる状態も「赤不浄」に含まれます。

 

ぶっちゃけると、「女性だけじゃなくて男性でも、どこかしら出血した状態になると、赤不浄になるよ」ということになるんですよ。

 

2.白不浄

赤不浄の一部にもなると思うんですが、白不浄は「出産による穢れ」のことです。

 

A子
A子
えぇ!?出産っておめでたい物でしょ?!

 

確かに出産はおめでたいものです。

ただ白不浄の場合、赤ちゃんを産むときに伴う母体からの流血が、穢れのカテゴリーに含まれちゃうんですね。

 

 

むか~~~しの日本では、「産屋(うぶや)」という出産専用の建物を建てて、出産が終わると取り壊していたことがありました。

 

これは、新しい生命の誕生を特別視していたのもあったと思うんですが、出産時に伴う流血の穢れを隔離するためという考えでもあったんです。

 

 

ちなみに、赤ちゃんの健やかな成長を願って参拝する「お宮参り」というのがありますよね。

 

そのお宮参りのしきたりでは、「赤ちゃんを抱っこするのは父方のお祖母ちゃん」ということになっています。

実はこれは、白不浄に関連することだったんですよ。

 

 

昔、母親の白不浄が明けるのが、大体75日後でした。

でも、赤ちゃんがお宮参りに行く目安は1か月後くらい…タイミングが違いますね。

 

なので、正式にはお父さん・お父さんの両親・赤ちゃんでお宮参りに行って、お祖母ちゃんに赤ちゃんを抱っこしてもらうというしきたりがあったんです。

 

もちろん、現在は母子の体調を考慮して、大体3ヶ月~100日ぐらいのタイミングで行く人が多くなったので、今はそこまで気にする必要はありませんよ…!

 

あくまでも白不浄関連で、そういうのがあったんだよという話題です。

 

3.黒不浄

最後に黒不浄…これは「死」についての穢れです。

 

身内に不幸があったら、その次の年の年賀状は喪中で出す人や、初詣には行かないという人はいませんか?

 

それは、黒不浄の考えから来たものなんです。

 

 

「喪中は1年間神社に行ってはいけない」という考えがありますが、実は神道の忌中は(誰が亡くなったかにもよりますが)最大50日なので、それ以降は神社に参拝しても良いんです。

 

神道での喪中(1年間)は、最初の最大50日間は神社に行くのを控え、その後は派手なことを控えて普通の生活に徐々に戻していくというものになっています。

 

穢れ=汚い?

A子
A子
色々聞いてると「穢れ」って「血で汚い」とか「縁起が悪い」っていうことだよね

なんか悲しいわ…

 

ここまでの解説で、もしかしたら「穢れ=汚い・縁起が悪い」という風に思えるかもしれません。

でも、「穢れ=汚い・縁起が悪い」ってことはないです。

 

実は「穢れ」というのは、「気枯れ」に通じるという考えがあります。

つまり、元気をなくした状態なんですね。

 

 

女性の場合、月経はしんどいですよね。

 

私自身は子供を産んだことは無いので偉そうなことは言えませんが、出産後もしんどいものなんじゃないかなと思います。

 

誰かが亡くなった時は、悲しくてしんどいですよね。

 

 

赤不浄・白不浄・黒不浄、どれも共通して「元気な時と比べてエネルギーが減っている」というものがあります。

そういう時は、無理をしないでゆっくりして、エネルギーを元気な状態に戻す必要があるんです。

 

神社を清浄な空間に保つために、穢れは避けられています。

でも、自分の状態を整えるためという意味もあるんです。

 

 

しんどい状態の人を気遣っている意味が込められているんです。

 

白不浄の時に、「昔の正式なお宮参りは、父・父方の祖父母・赤ちゃんで、お祖母ちゃんに赤ちゃんを抱っこさせてた」という話をしましたね。

それは、産後でしんどいお母さんの体を気遣ったものでもあるのかなと。

 

「穢れ」って、要は「無理すんな。ゆっくりして元気になってね」という意味にもとれます。

だから神社の参拝を避けた方が良い…というか、そういうときは無理に神社参拝をする必要が無いんです。

 

破暮
破暮
 「穢れ」は気遣いの精神なんだと私は思ってます

 

まとめ

穢れには、主に流血に関する赤不浄・出産に関する白不浄・死に関する黒不浄の3種類があります。

 

こういう時は、人のエネルギーが減っていて元気が無い状態になっています。

「穢れ」という言葉から「汚い」というイメージが付くかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

 

3つの穢れのうちどれか1つになってたら、神社の参拝を避けるべきというのは、「無理して参拝に来るのではなく、エネルギーを整えてから来てね」といった気遣いの面があったからではないでしょうか。

 

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

ABOUT ME
破暮
破暮
「はぐれ」と読みます。文化と自然が好きなはみだし者。 真面目な文化からサブカルまで、興味のあることを掘り下げるのが好きです。
こちらの記事もオススメ!