宗教

神社とお寺の違いってなんなのさ?初心者向け解説!

参拝2

こちらの記事では、初心者さん向けに神社とお寺の違いを解説します。

 

神社とお寺、似ていますね。

 

主に正月になればお参りに行くし、参拝の方法も大体一緒だし、御朱印もやってるし、お守りもおみくじもあります。

違いといえば、お寺は葬式で神社は結婚式の場という感じでしょうか?

 

神社とお寺の参拝方法や、御朱印については、過去に記事を作っていますので、良かったらチェックしてみてくださいね♪

 

>>神社の参拝方法はコレを押さえよう!初心者向けマナー解説!

>>お寺の参拝方法を初心者向けに解説!神社とはちょっと違うぞ!

>>御朱印集めてみない?御朱印の意味と御朱印帳の選び方を解説!

 

今回の本題、神社とお寺の違いで押さえたい基本ポイントは3つあります。

  • 信仰している宗教
  • 施設の定義
  • 施設にいる人

それでは、一緒に見ていきましょう!

違い1:信仰している宗教

大仏

神社とお寺の大きな違いは、信仰している宗教ですね。

神社は神道(しんとう)、お寺は仏教の施設です。

それぞれどういう宗教なのか解説していきますね。

 

神社=神道

「神道」というのは、ざっくりいうと神様を信じる日本古来の宗教です。

 

 

例えば、太陽の神様で最高神のアマテラス、ヤマタノオロチを退治したスサノオ、狐でおなじみお稲荷さん、因幡の白兎を助けた大国主が有名どころですかね。

 

自然の神様や商売の神様、トイレの神様、勉強の神様など、いろ~~~んな神様がいて、その数は八百万!

 

八百万といっても、「それぐらい数えきれないほどいっぱいいる」という意味なので、もしかしたら八百万以上いるのかもしれません…。

 

ちなみに、八百万の神々と書いて「やおよろずのかみがみ」と読むんですよ。

 

 

神道には、キリスト教でいう「聖書」のような教典が無くて、神様の力を借りて心機一転や穢れを祓うお力添えをしていただくという考えがあります。

 

お寺=仏教

「仏教」というのは、インドでブッダが開祖になってできた宗教で、中国を通って日本にやってきました。

こちらでは、仏様を信じています

 

 

例えば、開祖のブッダ(お釈迦様)、怖い顔のインパクトがある不動明王、七福神の紅一点・弁天さん、街でよく見るお地蔵さんがメジャーな所ですかね。

もちろん、他にも色んな仏様がいるんですよ。

 

 

仏教には、ブッダの教えが書き込まれた「経典(きょうてん)」というものがあります。

その経典を通して「修行をして悟りを開いて、輪廻転生(生まれ変わり)の輪から抜け出そうね」というのが仏教の目標です。

 

違い2:施設の定義

伏見稲荷

神社は神様のおうち、お寺は仏さまがいてお坊様が修行をしている施設という感じですね。

 

 

神社は元々「神様を祀る場所」ですし、仏教のように特にこれといった教えも無いので修行もありません。

単純に神様のおうちです。

 

私個人の見解ですが、神様の持つ特別なパワー(ご利益)を受け取れるようにするため、もしくは感謝するために、立派なお社を建てて、崇め奉るようになったのが神社ですね。

 

 

お寺の場合はというと、確かに仏様をお祀りしてるんですが、それだけではありません。

お坊様が仏教の修行をしたり、仏教の教えを勉強したりする場所でもあります。

 

A子
A子
お坊さんの修行の場なら、私たち一般人が参拝しに行くのって大丈夫なの?
破暮
破暮
大丈夫や! 

 

というか、「お寺の参拝方法を初心者向けに解説!神社とはちょっと違うぞ!」でも解説したんですが、参拝の時に使うお賽銭には「お金を捨てる修行」の意味がありますからね。

 

それ以外にも、お寺によっては私たち一般の人でも座禅を組めたり、写経をしたりすることができますよね。

それも修行の一環です。

 

なので、私たちが仏様を通じて修行する場所でもあるんですよ。

 

違い3:施設にいる人

お坊さん

最後の違いは、施設にいる人…神社とお寺で働いている人ですね。

 

神社の場合は、神職(しんしょく)さまや巫女さんが奉仕しています。

 

神職というのは、よく「神主さん」とか「宮司さん」と呼ばれる人ですね。

神社の管理の他、祭事を執り行ったり、神様に祈りを捧げたり、神様と私たち人間の間を取り持つことをしています。

 

巫女さんは、その神職さまを補佐する人です。

神様に捧げるダンス・神楽(かぐら)を舞うのも巫女さんですね。

 

 

お寺の場合は、お坊様、尼さんです

 

お坊様は、お経を唱えたり説法をしたり、お寺の管理をしたりする人たちですね。

尼さんは、宗派にもよりますが、お坊様の女性バージョンという認識で基本は良いと思います。

 

まとめ

以上で、初心者さん向けの神社とお寺の違い解説を終わります。

細かいところを挙げればもっとあるにはあるんですが、少なくともこの3つを知っていたら、神社のお寺の違いの基本は大丈夫です♪

 

1度復習しましょう!

  • 神社は神道の施設、お寺は仏教の施設
  • 神社は神様のおうち、お寺は仏さまがいる修行の場
  • 神社には神職さまや巫女さんが、お寺はお坊様や尼さんがいる

参考になれたら嬉しいです。

 

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

<オススメ関連記事>

神社の参拝方法はコレを押さえよう!初心者向けマナー解説!

お寺の参拝方法を初心者向けに解説!神社とはちょっと違うぞ!

御朱印集めてみない?御朱印の意味と御朱印帳の選び方を解説!

ABOUT ME
破暮
破暮
「はぐれ」と読みます。文化と自然が好きなはみだし者。 真面目な文化からサブカルまで、興味のあることを掘り下げるのが好きです。
こちらの記事もオススメ!