文化・自然

重陽の節句って何をする日なの?菊や栗で節句を過ごす日!

重陽の節句

「重陽の節句」という日を聞いたことがありますか?

9月9日にある日で、ひな祭りや子供の日といった節句の1つにあたる日です。

 

A子
A子
節句の1つっていうけど、具体的にどういう日なの?

重陽の節句では、菊で重陽の節句を祝ったり、栗を使った料理を食べたりすると一般的に言われています。

でも、現代においては結構マイナーな節句ですよね。

破暮
破暮
どうして他の節句に比べてマイナーなのかも交えて、重陽の節句について解説していくで 

 

重陽の節句は節句の中で1番めでたい日

1年の中でも特別な日を指す言葉を「節(せつ)」というのですが、その中でも重要な行事としてピックアップされたのが、五節句です。

五節句といえば

  • 1月7日の人日の節句(七草がゆの日)
  • 3月3日の上巳の節句(ひな祭り)
  • 5月5日の端午の節句(子供の日)
  • 7月7日の七夕の節句
  • 9月9日の重陽の節句

ですね。

この中で、重陽の節句は、五節句の中でも最もめでたい日とされてきました。

 

というのも、むか~し、中国から日本に渡ってきた「陰陽(いんよう)思想」という考え方がありました。

この考え方では、奇数を陽(=縁起が良い)、偶数を陰(=縁起が良くない)と考えていたんですね。

9月9日の重陽の節句は、奇数の中でも最大の「9」が重なるので、「これはめでたい!!」と特別視されたんです。

 

A子
A子
奇数だったら、11月も奇数じゃん

11月11日は違うの?

個人的には、10までの数で最大が「9」だから、11月は除外されたと考えています。

そもそも節句の起源となった中国にも、11月の節句に当たるものが調べる限り見当たらなかったので、11月は数に入らなかったのかもしれませんね。

 

1番めでたいのになぜマイナーなのか

A子
A子
節句の中で1番めでたい日って言うけど、あまりお祝いしてる感無くない?

まぁ、ひな祭り・子供の日・七夕に比べてイベント感は無いですよね。

七草がゆの日よりも知名度が低くてマイナーな感じがあるなぁって、個人的には思ってます。

 

実はこれは、重陽の節句に関連する植物や食べ物と、暦が関係していると言われているんです。

 

今私たちが使っているのは、太陽暦といって、「地球が太陽の周りを1周するのが365日」というものなんですね。

でも、太陽暦が導入されるまでの日本では、太陰暦(たいいんれき)という「月の満ち欠けをもとにカレンダーを作る」暦を使っていたんです。

この太陰暦は「旧暦」とも言われています。

破暮
破暮
8月7日辺りに「旧暦の七夕」といって七夕をお祝いする地方があるよな

旧暦は今でも使われることのある文化なんやで 

 

で、重陽の節句で使われる植物は菊、食べ物としては菊の他に栗があるんですね。

菊や栗の旬は、大体10月あたりなんです。

旧暦で考えれば、重陽の節句と菊や栗の旬が重なりますが、現在の暦で考えると重陽の節句は菊と栗の旬よりも早くなっちゃいます。

旬のものとイベントが重ならないから、9月9日では重陽の節句が楽しみにくくなってしまったんですね。

 

破暮
破暮
 節句の時期の変動と旬のものの相性の他にも、庶民にとっては重陽の節句は作物の収穫と重なっていたため、収穫祭に吸収されるようになったという説もあるんよ

庶民の習慣的にも、相性は良くなかったのかもしれへんね

 

菊を使って重陽の節句を祝う

菊

「菊の節句」とも言われる重陽の節句。

菊は昔「邪気を払う花」と信じられていたので、「節句の中でもめでたい日」とされていた重陽の節句と併せて楽しまれたんですね。

破暮
破暮
とてもおめでたい日に、菊の花を使って邪気を払うことで、健康長寿を祈ったんやで 

 

菊を使った重陽の節句の楽しみ方は色々あります。

  • 菊酒
  • 菊風呂
  • 被せ綿(きせわた)
  • 菊合わせ(菊のコンクール)
  • 菊枕(菊を詰めた枕で寝る)

被せ綿というのは、重陽の節句の前夜に菊の花に霜除けの綿をかぶせて、翌朝菊の香りや露が移った綿で体を清めることです。

菊の露と香りで体を清めるので、邪気が払われて菊の力に守られるという考えからきた風習ですね。

 

栗を楽しむ節句でもあるよ

栗

こちらは江戸時代からの庶民の風習なんですが、重陽の節句は「栗の節句」としても親しまれていました。

栗の実を干して、臼でついて殻や渋皮を取り除いたものを「勝ち栗」というのですが、庶民はそこから縁起を担いでいたのかもしれませんね。

 

主な楽しみ方としては、勝ち栗を使った栗ご飯ですね。

現代だと、栗を使ったお菓子も色々あるので、栗ご飯にこだわらず色んな栗グルメを楽しむのもアリではないでしょうか。

破暮
破暮
菊酒とかはちょっと…という人も、栗なら楽しみやすいな

 

マイナーだけど神社やお寺で行事を行ってる

一般的にはマイナーな感じが強い重陽の節句ですが、神社お寺では祭事を行う所が多いです。

関西だと、京都の寺社がこの日に祭事を行うことが多いですね。

ザっと調べただけでも、

  • 上賀茂神社の重陽神事や烏相撲
  • 市比賣(いちひめ)神社の重陽祭
  • 虚空蔵法輪寺の重陽の節会
  • 北野天満宮の余香祭

などなど…。

神社によっては、重陽の節句仕様の御朱印を授かることができます。

関西で有名なのは、大阪の少彦名神社でしょうか。

 

寺社以外でも、京都駅の大階段のイルミネーションが重陽の節句仕様になるんですよ。

 

まとめ

重陽の節句は、五節句の中でもマイナーです。

でも、1年の五節句の中でも最後の重陽の節句はとてもおめでたい日。

菊を使って重陽の節句をお祝いするのも良いですし、栗ご飯をはじめとした栗グルメを楽しむのも良いかもしれませんね!

日常生活ではイベント感が薄いですが、神社やお寺では祭事を執り行っているところもあるので、参加してみてはいかがでしょうか。

 

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

紅葉狩り
紅葉狩りって結局何すればいいのよ…?秋が深まってくると、「紅葉狩り」のイベントが多くなってきますよね。 ところで、「紅葉狩り」って具体的に何をすれば良いんでしょうか?...
お月見
お月見は十五夜だけじゃない!由来と一緒に知っておきたい雑学を紹介秋の行事の1つ・お月見。 特に9月の十五夜は「中秋の名月」とも言われ、この日に空を見て月を愛でる人は多いですよね。 ...
ABOUT ME
破暮
破暮
「はぐれ」と読みます。文化と自然が好きなはみだし者。 真面目な文化からサブカルまで、興味のあることを掘り下げるのが好きです。
こちらの記事もオススメ!