エッセイ

ブログでも方言や話し言葉出してえぇやんって話

方言

個人的に大体の人って、ブログでの口調で方言を出すことってあんまり無いと思うんよね。

私もそんな感じで、基本的に標準語でやろっかなーて思ってたわけ。

 

でも、正直妙に形式ばった硬い口調になって、ブログを書くのが楽しくないなーって思ってしまってるんよ。

なんかこう…色々主張したいこととか、好きな物を布教したいとかでブログをやっているのに、それっておかしくない?ってなったのよね。

 

話し言葉だって、なんかタメ口みたいな感じがして「読む人的にはアレかなぁ~」とか思ってたけど、正直論文でもないんだし、気にする必要無いよね?

破暮
破暮
やったらブログでもいつも通りの口調で行こうや!

 

ブログの文章が普段の自分と違うとクソつまらん

ブログでの口調で考え出したのは、ヒトデさん(@hitodeblog)の「hitodeblog」に掲載されたある記事から。

 

記事の内容は、「真面目で暗い文章になっちゃうから、テンション上げていったらいいのかな?」っていう疑問に対して、ヒトデさんが「自分の書きやすい文章で書くのが1番!思うままに書け!」って答えてるもんなんよね。

 

まぁ私もね、普通に文章を書くと真面目な文章になって、いわゆる「何か暗い人な感じがする」っていう感じになっちゃうのよね。

初めてヒトデさんの記事を読んだとき、「あ、別に真面目な感じになっても良いんや」って思ったのよ。

 

でも、最近になって改めて

破暮
破暮
 自分のブログ…好きなことを発信してるのにクソつまらん!!!

って感じになってきたのよ。

 

なんでかなーって考えたら、答えは単純。

ブログの文章が普段の自分じゃないから。

 

一応これまで「です・ます」でやってきてたんだけど、そうなったら自然と丁寧な口調になるやん。

普段の私は、目上の人でない限りそんな「です・ます」口調使わんのよ。

 

普段使わん口調でブログの文章書いてるんやから、そら段々と疲れてくるわ。

自然体で文章を考えてないから、当然文章を考えるのが疲れてくるのよね。

 

あと、キャラクターのフキダシ内の文章が普段の口調なのに、地の文は「です・ます」だから余計になんかしんどい。

ブログを書いてて楽しくない。

書いてる人が楽しくないと、読んでる人も楽しくないやん。

 

破暮
破暮
せやったら普段の自分の口調で、そのまま記事書いたれ

ってなったのね。

 

何かを説明するときに、別に「です・ます」な書き言葉でやれ!って法律で決まってるわけでも無いし。

もちろん、分かりやすく書くのは必要やで?

 

でも、丁寧に書こうとして「です・ます」な書き言葉使って、いらんとこで頭使って変に疲れたら意味無いやん。

幸い私の住んでるところは、おそらく他の地域でも親しみのある関西弁やから、方言も使ってえぇやん。

破暮
破暮
厳密には神戸弁ってのがあるんやけど、ちょっとそこは置いとこう 

 

基本的にブログは文章の世界やけど、だからって普段の口調から離れた口調で文章を書く必要は無いんやなって。

 

そういえば、さっき挙げたヒトデさんの記事でな、こういうメッセージがあってん。

無理して飾らなくても、あなたのままの文章を書いてください

hitodeblogより

 

私のままの文章やと思ってた「です・ます」な書き言葉は、実は無意識のうちに飾っていた文章やったんやと思う。

やから段々疲れてきて、しまいには「ブログくそつまんね」ってなってしまったんやなと。

 

今、こういう風に書いている文章が、私なりの「無理して飾らない、私のままの文章」何やと思う。

正直こうやって書いていて、しんどくないもん。

方言出ても、話し言葉でも、この文章で書くのが好きやな。

破暮
破暮
もちろん、書き言葉でブログの記事を書くのもえぇと思うよ

要は自分がやってて楽しい口調(言葉)で、ブログやろうぜってことやな!

 

方言で記事を書く際に意識しようって思ってること

まぁ散々「方言でも話し言葉でもえぇやん」っていうことを主張したけど、少なくともブログの記事で方言を使う時に意識しようと思うことはある。

 

それがコレ

ご当地でないと通用しない方言には気を付ける

 

どういうことかって言うと、例えば「捨てる」って言葉があるやん。

うちの地元では「捨てる」ってことを「ほる」って言うんやけど、それやと他の地域では「掘る」って思われるかもしれんやん。

 

あとは「なおす」もそうやね。

「なおす」と聞くと、「治す」とか「直す」って思うやん?

地元やとな、「なおす=片づける」やねん。

 

ブログは色んな地域の人が見るものでもあるから、さっき挙げたとおりの「ご当地の人でないと通じない意味の言葉」ってのに気を付けないとアカン。

方言でブログをやるにしても、なるべく多くの人に情報発信したいから、関西圏でない人にも通じる文章を意識する必要があるよなって思う。

 

これから方言で記事を作るにあたってそこらへん気を付けるけど、もし方言と知らずに方言使ってたらすみませんw

 

まとめ

もし「好きなこと発信してるはずなのに、ブログクソつまらん」って思ったら、ジャンルもあるかもしれんけど、まずは口調を見直すのもアリやと思う。

私の場合は、「です・ます」口調を基本としてたら、なんか硬い文章で段々しんどくなってきたのね。

 

普段の自分の口調で文章を書いてみたら、意外とサクサク書く作業が進むと思う!

自分が気楽でいられる口調で、文章書いてもえぇと思う。

 

別に論文でも無いんやし、方言や話し言葉使ってブログ書いてもえぇやん。

 

ただ、方言使う場合は「現地の人じゃないと通用しない言葉」には気を付ける必要があるけどねw

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

ABOUT ME
破暮
破暮
「はぐれ」と読みます。文化と自然が好きなはみだし者。 真面目な文化からサブカルまで、興味のあることを掘り下げるのが好きです。